MENU

ローン会社は色々ありますが銀行にしました

今までに自動車をディーラーのローンで買ったことはありましたが、自分自身でローン会社を探して利用するのは初めてのことでした。使い道はレジャー費と生活費で収入が割りと不安定だったので、貯金もなく使い道をあまり聞かれない借り入れがしたかったのです。必要な金額は50万円ですが、もう少し少なくて、40万円でも借り入れ出来れば大丈夫と言うところでしょうか。

 

使い道がはっきりしないので、やはり消費者金融か銀行のカードローンと言うところ考えていたのですが、結局銀行のカードローンを使うことにしました。はじめての借入だったのでまず普段から使っている銀行を優先して申し込んだところ最初のカードローンが審査が通ったのでそれを使うことにしました。

 

ローン会社はたくさんあるのですべてはとても調べ切れませんでしたが、一般に銀行の方が金利が安いようでしたが審査が厳しいようだったのでまずは最初だし銀行から申し込んだのですがそれが良かったみたいです。借入の上限枠も希望とおり50万円にしてもらえましたし、返済も口座引き落としで自動的に返済できますし、便利だと思います。

 

とりあえず追加で借入する予定はないので、このまま完済する予定です。

カードローンを選ぶならば口コミが参考になる

20代の女性です。大人になって就職したら、給料はたくさん入るしお金に困ることはないと思い込んでいました。ところが、就職してみたら、洋服や日々のお手入れ、歓送迎会などの人付き合いと、学生の頃には想像も出来ないような出費が重なりました。しかも、自己啓発の為の学費も自分で払わなければいけなかったのです。

 

仕事の都合で海外の会社とやり取りをする必要が出てきました。海外出張もあるかもしれないのです。最低限のコミュニケーションはとれないとと考えて、英会話に行くことにしました。短期である程度までレベルアップする必要が出てきたので、お金のことは考えてはいられませんでした。手元のお金ではどうしようもなく困ってしまい、とりあえずカードローンでお金を借りることにしました

 

カードローンは、申し込んだ後、比較的早めにお金を借りることが可能な点が、都合が良かったのです。しかし、カードローンもたくさんの会社があり、悩みました。そこで、口コミを見てみることにしたのです。口コミでは、実際に借りたり返したりした人の体験を知ることができるので、他の人がどこが良いと感じたのか、不満に感じたことはなかったかなど、たくさんの意見を短時間で比較することができました。

 

時間はあまりないけど自分に合うカードローンを見つけたいときには、口コミはとても参考になりました。

20代の会社員男性が行った銀行のキャッシング審査とは

現在、一般的な企業へ勤務する20代後半の男性である私が、銀行で実際にキャッシングを行ったお話をいたします。まずキャッシングが初めてという事もあり、何が必要なのか等分からないままキャッシングの申し込みをしました。審査がある事は知ってはいましたが、具体的にどのような審査が行われるのかまでは理解しておらず、進んで行く毎に必要な書類を提出する様な形で進めました。

 

まずは現在の勤務先である企業の情報を伝える事と、年収額の申告でした。年収額に関しては証明するために前年度の源泉徴収の提出を求められました。申告額と実際の源泉徴収額とが一致する必要がありますので、申告の際に多く申告する事はやめておきましょう。その後、現企業へ電話連絡を行うと言われ、在籍確認の連絡が入りました

 

私はオフィスワーカーですので、自分の直通番号を伝えた所すぐに自身の直通番号へ連絡が入りました。そして銀行からの在籍確認がとれたとの事で審査は無事終了となりました。会社が営業している必要がありますので、平日の連絡を経ての審査完了でしたので、約数日程度で審査は終了する事となりました。

 

特に手間のかかる作業はありませんでしたので、必要な情報や書類が揃っていると短時間で終了出来るのかと思いました。

参考サイト